ハウスクリーニングなら綺麗な部屋になる|引っ越し時のマナー

2つの種類に分けられる

家事代行型と専門型の違い

清掃道具

文京区内でハウスクリーニングを依頼する場合、業者の種類を見極める必要があります。
ハウスクリーニングを行う業者は、大きく2つの種類に分けられるのです。
まず、1つ目に挙げられるのが「家事代行型」です。
家事代行型は一般的な家事と同じような、ハウスクリーニングを受けられるサービスとなっています。
日々の掃除を変わりに行ってもらうという感覚で、依頼するのが一般的です。
家事代行型の他には、「専門型」と言われる種類もあります。
文京区をはじめ全国的に、人気となっているのはこの専門型の、ハウスクリーニングです。
専門型は特殊な洗剤や機材を用いて、クリーニングのプロがサポートを行うという特徴があります。
一般的な掃除では落とすのが難しい頑固な汚れ、手が届きにくいなど掃除しにくい場所も、専門型であればキレイにする事が可能です。
家事代行型よりも専門型の方が、より専門性の高いクリーニングを文京区で受けられるという事もあり人気となっています。
キッチンやお風呂、トイレといった水垢や黒ずみ、カビが生えやすい水回り部分は、特にハウスクリーニングを利用してキレイにするケースが増えているようです。
頑固な汚れを一掃したいという場合は、専門型を謳っている文京区のハウスクリーニング業者を選びましょう。
また初めて依頼するという方は不安を抱えている方もいるでしょう。
そんなときは口コミサイトを参考にするのがおすすめです。
実際に業者を利用した方が投稿しているので、信頼できる情報と言えるでしょう。

依頼する理由を確認

掃除

文京区で建てられている一戸建て住宅や、マンションの中には床がカーペット張りとなっているケースも少なくありません。
近年、文京区の住宅ではフローリングの床がほとんどですが、古い住宅の場合はカーペット張りもまだまだ多いようです。
カーペット張りの床は防音性に優れている事もあり、特にマンションで多く採用されてきました。
メリットもあるカーペット張りの床ですが、掃除が難しい・シミが落ちない・ホコリが気になるといったデメリットもあります。
特に、染みついてしまったシミは、一般的な掃除ではなかなか落ちません。
もし、カーペットを張り替えるとなると、文京区内だと数十万の費用が必要となるでしょう。
カーペットの張り替えは費用がかかる、けれど掃除でキレイに出来ないという場合、ハウスクリーニングを依頼するという方法もあります。
文京区内を営業エリアとしている、ハウスクリーニング業者も少なくありません。
ハウスクリーニング業務の中でも、カーペットクリーニングはポピュラーなものなので、ほとんどの業者で行われている作業です。
ハウスクリーニング業者にカーペットクリーニングを依頼すれば、専用の洗剤や機材を用いて頑固なシミも落としてくれます。
張り替えるよりもかなりリーズナブルな費用で、カーペットを綺麗にする事が出来るのです。
張り替えよりも手軽にカーペットを綺麗にできる、これがハウスクリーニングで、カーペットクリーニングを依頼する理由と言えます。

料金の設定は様々

男性

近年日本では高齢者の孤独死が問題になっています。
すぐに発見されず異臭がするまで放置されているケースも目立っています。
部屋は悪臭のほかに、遺体による汚染や建材の腐敗などが進んでいることもあります。
このような場合の清掃は特殊清掃業者に依頼することになります。
特殊清掃の費用は業者によって違ってきます。
ある業者は部屋の大きさや数でセット料金にしています。
また床の特殊清掃、消臭と除菌(オゾン処理)、作業人件費の合計を費用としているところもあります。
さらに浴室清掃や畳の撤去なども別料金にしている業者もいます。
悪臭がひどい場合はオゾン処理を数日から一週間程度行うこともあり、さらにその費用が加算されます。
床板の下に血液や体液などが染み込んでいるケースは腐敗や細菌汚染、悪臭の原因となります。
これを取り除くのに時間がかかるときは追加料金が発生することもあります。
この場合は床板をリフォームしたほうが費用が安くなることもあります。
特殊清掃業者によってはこのリフォームも行っているところもあります。
一般のリフォーム会社では床板を替えただけでは悪臭を除去できない場合もあるのです。
そのため事故や事件現場のリフォームは特殊清掃業者に依頼したほうが安心です。
また汚染現場のリフォームで知識のない一般業者が細菌感染してしまう恐れもあります。
特殊清掃を依頼する場合は、どの会社を選んでいいのか迷ってしまうこともあります。
そのような時は実績があり口コミなどの評判の良い業者を選ぶことも大切です。