ハウスクリーニングなら綺麗な部屋になる|引っ越し時のマナー

事件、事故現場の掃除は

異臭などで困難な場合も

女の人

事件や事故、孤独死などが起きた部屋は特殊清掃が必要になる場合があります。
特殊清掃では汚物や体液、血液、ゴミなどの汚れやハエやウジなど害虫が発生した部屋の清掃、消毒、消臭などを行います。
これは通常の清掃作業と違って非常に困難がともなう仕事となります。
そのため費用も一般の料金と違って割高です。
特殊清掃を依頼された業者は、まず見積もりに来て部屋の状態を確認します。
見積もりの内訳は人件費、清掃費用、消臭剤や消毒薬の費用などとなります。
部屋の状態にもよりますが、ワンルームなら10万円以上費用が必要になる場合もあります。
また業者は家財道具の処分や仕分け、梱包なども特殊清掃と合わせて依頼されることも多くなっています。
この場合は人件費のほかにトラック料金などが加算されます。
また階段を使って荷物を運び出す場合は割増料金になることもあります。
特殊清掃業者は、遺品整理士の資格を持っている場合が多くなっています。
それは遺品整理を依頼される現場は特殊清掃が必要な場合が多いからです。
特殊清掃後は襖や障子の交換や床や壁のリフォームが必要になることもよくあります。
業者によってはこのリフォームも行っています。
特殊清掃業者は、ほかにもゴミ屋敷や火災現場の片付けや清掃などもします。
料金設定は業者によって違うので、複数業者に見積もりを出してもらうこともできます。
その時に料金だけでなくサービス内容も検討することが必要です。

抜け毛や臭いを一掃

清掃道具

文京区内でもペットを飼っている住宅が、少なくありません。
近年、犬だけでなく猫もブームとなっている事から、文京区内でも多くのペットが飼われています。
ペットを飼っている住宅では、ペットと一緒に生活した事がある人にしか分からないトラブルが発生します。
そのトラブルとは「臭い」です。
トイレをこまめに掃除しても、どうしてもペット独特の臭いが住まいについてしまいます。
芳香剤などでケアしても、なかなか臭いが取れないというケースも少なくありません。
ペットの臭いに悩んでいる方は、ハウスクリーニングを活用してみてはいかがでしょう。
文京区や文京区周辺で、クリーニング業務を行っている、ハウスクリーニング業者は、かなり多い傾向にあります。
それだけ文京区では、ハウスクリーニングの需要が高いのでしょう。
ハウスクリーニングは、キッチンなど水回りの掃除を依頼するというイメージがありますが、他の箇所もプロがしっかり掃除してくれます。
ペットの臭いは壁やカーペットに染み込んでしまっているケースが多いので、クリーニングを行えば、臭いを取り去る事が出来るかもしれません。
壁の場合、特殊な洗剤を使いクロス部分を掃除するのが一般的です。
カーペットの場合、ポリっシャーなど専用機材を用いてクリーニングを行います。
壁やカーペットをクリーニングする事で、染み込んだ臭いや汚れを一掃できるので、独特なペット臭も取り去る事が可能です。
また、細かい部分も掃除してもらえるので、普段の掃除では取り除けなかったペットの抜け毛も掃除できて、室内を清潔に保つ事が出来ます。

需要が高まっている

女の人

特殊清掃とはその名前からも分かるように清掃の種類の一つの事で、近年では少しずつ一般にも知られるようになってきています。
この清掃は主に家の清掃となるのですが、ハウスクリーニングのような清掃とは大きく異なる特徴があります。
その大きく異なる特徴とは清掃を行う家が、人が亡くなった家の清掃であるという点になります。
しかも事件現場や自殺現場だったり、住人が孤独死をした家等を清掃する事が基本となっています。
特殊清掃の現場は亡くなった人が長く放置されていたケースも多く、部屋がひどく荒れている事も少なくないです。
そのため遺族等の普通の人が特殊清掃をするのは難しく、専門的な技術や道具を持つ専門会社に依頼するのが基本となります。
現在では需要の高まりに応えるように、特殊清掃の専門会社も全国的に増加傾向となっています。
特殊清掃を専門会社に依頼する場合にはまず電話での依頼が基本で、現場を確認した上で見積もりを提示されます。
費用や清掃内容等に依頼主が納得した段階で契約が成立し、そこから専門会社による清掃が行われます。
ちなみに特殊清掃を専門会社に依頼した場合にかかる費用に関しては、状態によって異なるので一概に言うのは難しいです。
具体的には念入りな除菌等が必要か否か等によって、費用が大きく変わってくる事も多くあります。
ただ一般的には特殊な清掃を必要としないのであれば、10万円程度の費用を考えておくと良いとされています。